メインイメージ画像

業者で異なる買取の査定額と様々な依頼方法について

査定の意味を説明しましょう。買取での査定とは、買取品の金額を調べることを言います。具体的にどのような項目を精査して査定額を計算するかは、買取業者によって変移します。査定方法が一定化されている買取業者もあれば、査定担当者の経験と勘に基づいて査定をする買取業者もあります。

査定はあくまで金額を算出する単なる処理なので、査定をしてもらったからといって買取してもらう義務はありません。その店の査定額が気にいらなければ他の店に買取を依頼しても構わないのです。

時間に余裕があり、高額の査定を目指している場合、可能な限り多くの買取業者に査定を依頼すべきです。おおよそ5社程度の査定額を見比べれば、納得のいく査定額での売却ができます。忙しい人でも、少なくとも2社に査定を依頼すべきです。

尚、複数業者に査定を頼む場合は、査定方法を検討するのが大事になってきます。店頭査定の利用が、一番お勧めです。買取店が密に集合している地域を選べば、非常に楽に複数の買取業者の査定額を把握できます。

ただ、持ち運びが大変な品物の買取を希望している場合は、店頭査定は利用しづらいです。であれば、出張査定を利用すべきです。出張査定は対応している買取業者が限られてきますが、品物を持っていく必要がないので楽です。ただ、買取業者の負担も考えて、出張査定は3社程度にしておくのが無難です。他には、宅配査定という方法もあります。全国どこからでも査定を依頼できるので便利です。

ただ、宅配には手間、時間が掛かりますからスピーディーに査定と買取を済ませたい人には不向きです。宅配査定は、店頭査定と出張査定のどちらも不可能なときの最終手段と考えるべきです。

高値で買い取ってくれる業者が見つかったら、できるだけまとめてその業者へ品物を売却するようにしましょう。まとめて売却すれば、特別に何割か買取額をアップしてくれる業者がよくあります。引っ越しの際は不要品が大量に出るでしょうから、引っ越しの前に買取業者の選定を行って、荷造りしながら買取査定を依頼するのがお勧めです。

更新情報

© 2015 買取の基準 All Rights Reserved.